t7s_border blog

新宿上映会に参加します

プライベートレッスン

※全部Hardでの話になります。

バラドルレッスン

ルール

画面から手を離さずに、全てのオブジェクトの上を通る。
星に触れたら失敗。

細かい点

1回で表示されるオブジェクトは、4 or 5個。
全部通過すると個数に応じて、評価ゲージと、ACTゲージが増加する。
評価ゲージは、40個でMAX (20以上でGreat、30以上でExcellent)

ACTゲージが、10個貯まると次の表現のフェーズになる。
(表現でゲームの内容が変わるわけではなく、SDキャラの動きが変わるだけ?)
この時、評価ゲージがMAXであればゲーム終了となる。

つまり最速で、3つの表現でゲーム終了できる。
(例:4 4 5 / 4 4 5 / 4 5 5)

 

プレイヤーレッスン

ルール

上部に表示された順番に、下部の同じ色/マークのパネルをタッチする。

細かい点

評価ゲージの増え方は、叩くまでにかかった時間依存。
残り時間が4の時、5ポイント、以下1秒減るごとに1ポイント減る。

お手付きをすると、しばらく押せないので
実質1ポイント減に近くなる。

 

8セットを行うと終了する。

 

ダンサーレッスン

ルール

円を描く☆が、ほかの☆と重なった時にタップする。

細かい点

☆は全部で80個近く。
判定は成功か失敗しかなく、失敗だと評価ゲージは増加しない。
1/2を超えるとGreat、3/4を超えるとExcellentになる。