t7s_border blog

某RPG IVのプレー時間88hでフィニッシュ

攻撃無効スキル有効時の他スキル

だいぶ前に存在自体は記載してましたが、その追記

t7s-border.hatenablog.jp

攻撃無効化ですので、攻撃に影響を与えるスキルが対象になります。
具体的には、ATK増加/減少、ダメージ回復/反射 の4種類です。

 

ダメージ回復

前回も述べた通り、スキルの効果が次の攻撃に発動することになるので
プレイヤーが使ったスキルなのに、敵がその恩恵を受けることになります。

回復の基準となるダメージは
プレイヤー側が与えたダメージ・・・ではなく
無効にならなければ与えられるはずだったダメージ・・・でもなく
最後に有効であった(攻撃無効化が発動していなかった)敵チームのダメージとなります。

 

ダメージ反射

こちらもダメージ回復と同様にその次の攻撃時に発動し、計算の基準のダメージも
最後に有効であった敵チームのダメージとなります。
ただし、回復とは違い反射ダメージは、通常通り敵側に行きます。

 

こちらの数値は、ゲーム画面上には表示されませんが
そのターンの与えたダメージ + ダメージ反射分、HPが減少します。
(2つとも同時に同じ場所に表示されるから見えてない?)

 

イメージとしてはこんな感じです。

f:id:t7s_border:20170928114217p:plain

 

ATK増加/減少

こちらは、対象の隊列の、次の攻撃の際に効果が発動されます。
持ちこされる回数に限度はないらしく
第2回 Live JackのMCボスに対して、攻撃無効スキル持ちPS1枚で戦ってみたところ
LS (隊列ATK+2%) 4回分、MS (ヒメATKL10%) 1回分が全部乗ったダメージを
4ターン目に食らいました。

減少も同様に持ち越されます。
増加とは異なり、減少が100%を超えたら、0ダメージとなります。

確認自体は、平日デイリースカウトで
VSSスキル持ちがリーダーの隊列と
攻撃無効スキル持ちがリーダー + ATK減少持ちのメンバーの隊列の2隊列で戦うと
比較的簡単にできると思います。
(SHクルト辺りが便利です)