t7s_border blog

よし、ゲーム解析本でも(出しません)

MEDLIVEのスキル発動

ありがとうセトリメダル

そして、現在ハイスコアを競ってる方、もしかしたらごめんなさい。

 

各曲のスキル発動回数

■1曲目の発動数
(1曲目のノート数) / (1~4曲目のノート数) * 12
※端数切り上げ

■2曲目の発動数
(2曲目のノート数) / (2~4曲目のノート数) * (12 - (1曲目までの発動数合計))
※端数切り上げ

■3曲目の発動数
(3曲目のノート数) / (3~4曲目のノート数) * (12 - (2曲目までの発動数合計))
※端数切り上げ

■4曲目の発動数
12 - (3曲目までの発動数合計)

 

要するに順番に、残ったスキル発動回数を
残りの曲のノート数の比率で按分しつづけるということになります。


当然、各曲のスキル発動回数は
元の譜面のスキル発動位置から決まっているため、発動数の方が多くなることもあります。
その場合は、ノーマルノート(スキル発動は除く)を先頭から順番にスキル発動ノートに置き換えています。

 

曲をまたぐスキル発動

例えば、 PUNCH'D RANKER (Expert) の1~3曲目の3個目のスキル発動ノート

f:id:t7s_border:20190710004037p:plain

発動して一瞬(約0.3sec)で曲が終わります。
残りの(スコアUPLv5なら)4.7secはどうなるかというと
次の曲の切り出し開始位置から4.7sec分だけ発動した状態になります。

「切り出し開始位置から」としているのは
曲の合間に、繋ぐための空白地帯が追加されていますが
そこは4.7secの対象外となっているためです。


ユニットボーナススコア

メンバー全員がスキルのグループにいないと、追加効果は発動しません。